こちらもご覧ください


執筆要領

論文投稿の際には、こちらをご精読ください。

一、ワープロ原稿はA4判用紙に印字してください。フロッピーには、機種とソフト名を明記してください。手書きの原稿は、縦書きで二〇〇字詰めの原稿用紙を用いて、一字ひとマスの原則を守ってください。

一、論文、シンポジウム報告、書評を問わず、執筆者の見解と引用文献の内容とが区別できるように、表現および表記上の配慮をしてください。引用は「 」で示すこととしますが、長文の場合には、本文より一字分下げて記述してください。

一、文章は現代仮名遣い、常用漢字表の使用を基本としますが、固有名詞はこの限りではありません。数字は原則として漢数字を使い、万の位以上は単位を入れてください。
   例 一三万八二〇〇円
  分数、百分率、小数点は次のように記してください。
   例 三分の二  四五・七パーセント
  年・月日・時間・年齢は次のように記してください。
   例 一九九八年 天保十三年(一八四二) 六月十五日 一二時五十二分 三十八歳

一、引用および参照した文献は原稿の最後にまとめてください。単行本の場合は、著者、署名、出版年、出版社の順とし、署名は『 』で囲んでください。論文の場合は、著者、論文名、収録雑誌(単行本)、巻号、出版年、出版社の順とし、論文名は「 」で囲み、雑誌名は『 』で囲んでください。
   例(単行本)
    柳田國男 『昔話覚書』 一九四三 三省堂
   例(論文)
    関敬吾「散文伝承の構造」『口承文芸研究』一 一九七八
    宮田登「世間話研究の意義」小松和彦編『日本昔話研究集成1 昔話研究の課題』 一九八五 名著出版

 (二〇〇四年六月五日)
2007/1/10 掲載 :