こちらもご覧ください


2021年〜

『口承文芸研究』2021年(第44号)〜

2021年3月(第44号) ※発行より3年以内のため目次のみ掲載

【巻頭言】

  • 二〇二〇年の日本口承文芸学会 立石 展大

【緊急特集 新型コロナウイルス流行と口承文芸研究】

  • 緊急特集「新型コロナウイルス流行と口承文芸研究」に当たって 根岸 英之
  • 感染症流行下で開催された初のウェブ大会 間宮 史子
  • 「非日常」から「日常」へ ― 研究例会の実施をめぐって―
                    中村 とも子・大島 廣志・繁原 央・山田 栄克
  • 「コロナ禍」を「福」に転じるための覚書 ―『伝え』六七号から見えてくるもの― 佐藤 優
  • アマビエ考 ―コロナ禍のなかの流行神― 伊藤 龍平
  • 栃木にみるコロナ禍の覚書 永島 大輝
  • コロナ禍伝承の可能性 ―コトバ・フレーズ・ハナシの発生をめぐって―
                                    米屋 陽一
  • 千葉県市川市の〈病疫伝承〉と二〇二〇年の伝承動態 根岸 英之
  • 疫病をはやらせに来る「一つ目小僧」への対処法 入江 英弥
  • 韓国の巫歌「ソンニムクッ」
      ―天然痘の神をまつる儀礼/別神クッ・江陵端午クッ― 邊 恩田
  • カランチン期ロシアのフォークロアより 熊野谷 葉子
  • 疫病と口承文芸 ―イギリスの事例から― 美濃部 京子

 

【論文】

  • もう一つの虫追い ―福岡県久留米市城島町の平家伝説― 内藤 浩誉
  • 毛越寺延年における深草少将伝説成立とその独自性 篠原 順子
  • 東日本地域の寺院における八百比丘尼縁起の成立について 冨樫 晃
  • 松尾芭蕉の句碑と語られる伝承 ― 江戸時代建立の句碑を基にして― 玉水 洋匡
  • 国指定天然記念物における伝承を有する植物の実態 山川 志典
  • 『おもろさうし』の「声」―「詞書き」から捉える祭儀の段階― 澤井 真代
  • 北東アジア諸民族の霊魂観 ―魂の不滅と全身骨からの蘇生― 于 暁飛
  • 「かちかち山」の国際比較 ― モティーフと文化の共通性― 川村 直人
  • 現代における人形の怪異伝承の研究 鳴海 あかり
  • 口裂け女は話されたか ―「俗信」と「説話」― 伊藤 龍平
  • 説経の語問う力 ― 本地語りの意味とその消滅について― 内藤 久義
  • 「創作アイヌ伝説」の作成過程 ―「シトナイ伝説」の事例― 日辻 よう子

 

【第七七回研究例会 野村純一論 ―その研究手法と業績―】

  • 研究例会報告 山田 栄克
  • 野村純一と世間話研究 ―『日本の世間話』から― 常光 徹
  • 口承文芸の文化学 ― 野村純一の視座― 小川 直之

【書評・新刊紹介】

  • 入江英弥著『オトタチバナヒメ伝承』 内藤 浩誉
  • 廣田收著『民間説話と『宇治拾遺物語』』 花部 英雄
  • 今井秀和著『異世界と転生の江戸 ―平田篤胤と松浦静山』 佐藤 優
  • 岩本通弥編『方法としての〈語り〉民俗学をこえて』 重信 幸彦
  • 【新刊紹介】