こちらもご覧ください


2011年〜

『口承文芸研究』2011年(第34号)〜

2020年3月(第43号) ※発行より3年以内のため目次のみ掲載

【第四三回大会講演】

  • 琉球歌謡の文字との出会い―『おもろさうし』の「一/又」記載を中心に― 波照間 永吉
  • 南島説話大成」の可能性 福田 晃

【第四三回大会シンポジウム 危機言語の口承文芸―沖縄・奄美・アイヌの伝承と記録-】

  • アイヌ・奄美・沖縄の日常語と伝統語の継承について 狩俣 恵一
  • 奄美のシマ言葉・島唄の継承と、ウタを生み出す力 酒井 正子
  • 口承文芸のテキストと文法注釈―琉球語の場合― 西岡 徹
  • 「危機言語の口承文芸 沖縄・奄美・アイヌの伝承と記録」に参加して 熊野谷 葉子

 

【論文】

  • 『おもろさうし』の「つゝ」―対峙する力 澤井 真代
  • アイヌ語の韻律の技法と類型 奥田 統己
  • アイヌの感性説話  北原 モコットゥナシ 次郎太
  • ジョン・バチェラーの著作に含まれる樺太アイヌの口承文芸―ピウスツキ資料からの転載の実態― 阪口 諒
  • 八百比丘尼伝説の成立について-江戸初期の若狭小浜を中心に-  冨樫 晃
  • 「酒呑童子」伝説と鉄砲・金属産業の信仰について―『童子百物かたり』を中心に― 西座 理恵
  • 手話を用いた語りの研究序論―文化的ダイバーシティ・文化的エコロジーと説話伝承― 鵜野 祐介
  • 大正・昭和初期の「民話」とその思想―水野葉舟や農民文芸運動を視野に― 野村典彦

 

【第七五回研究例会 関敬吾の口承文芸観】

  • 趣旨説明 関根 綾子
  • 関敬吾伝説 野村 敬子
  • 母と息子との「民話」 高木 史人
  • 父・関敬吾について 関 信夫
  • 関敬吾による日本昔話の分類 加藤耕義

【第七六回研究例会 災害の中の日常】

  • 趣旨説明  中村 とも子
  • 寄りものとユイコ―福島県新地町の漁業を復興させるもの― 川島 秀一
  • 災害と記憶 花部 英雄

 

【書評・新刊紹介】

  • 飯倉照平著 『中国民話と日本 アジアの物語の原郷を求めて』 立石 展大
  • 三浦俊介『神話文学の展開ー貴船神話研究序説ー』 三浦 佑之
  • 重信幸彦著『みんなで戦争 銃後美談と動員のフォークロア』 伊藤 龍平
  • 藤井倫明著「瓜子姫の死と生原初から現代まで」  立石 展大
  • 今井秀和『異世界と転生の江戸 平田篤胤と松浦静山』 佐藤 優
  • 【新刊紹介】

2019年3月(第42号) ※発行より3年以内のため目次のみ掲載

【第四二回大会講演】

  • 語り物文芸の異類合戦物について―「餅酒合戦」を例として―  伊藤 慎吾
  • 「漫談」の起動 ―大辻司郎の思想を中心として― 真鍋昌賢

【第七四回研究例会】

  • 泉鏡花と口承文芸 ―俗談・巷説の世界からの創造―  伊藤 高雄
  • 《異化)する語り手としての井上ひさしー「藪原検校」を中心として― 根岸 英之

 

【論文】

  • 姜沆の「瘤戒」と藤原惺窩 ―朝鮮の儒者に伝わった日本の「こぶとり」 邊 恩田
  • 「十和田の伝説」考 ―八郎太郎譚を中心に― 附『来歴集』「十曲沼」の全文翻刻  阿部 幹男
  • 地下に隠された文字と伝承 ―羊太夫伝説の世界― 佐藤 喜久―郎
  • 平田篤胤から柳田国男へ問いを共有するオーラルな場と民間学  矢野 敬一
  • 「法事の使」と「馬の落物」をめぐって  大嶋 善孝
  • 童話化された昔話 ―坪田譲治の『新百選日本むかしばなし』―  藤井 倫明
  • 現代伝説の日中比較研究 ― 「学校の怪談」を中心に  李軒羽
  • ゲーム化する「怪談」に関する考察 ―児童館での調査報告―  川島 理想
  • 人格神の習合を考える―アイヌと近隣民族の類話を手がかりに―  北原モコットゥナン
  • 北海道アイヌ口承文芸「カラス神の人さらい子育て」の西進  安田 千夏
  • 北海道アイヌの口承文芸にみるイナウの霊魂 阪口 諒

 

【シンポジウム】「ローカルなものの生き延び方―現代における人形儀礼の再文脈化」

  • シンポジウムの概要 姜 竣
  • 門付けの「継承」と「復活」のはざまで―阿波徳島「三番叟まわし」の再興ともうひとつの記憶  森田 良成
  • スティグマのシンボルからアイデンティティのイコンへ ―「マレビトの地理」が導く歓待の問い― 姜 竣
  • 人形儀礼と「語彙」―津軽地方のオシラ神をめぐって―  山田 厳子

 

【書評】

  • 野村敬子・杉浦邦子編『老いの輝き 平成語り 山形県真室川町」/坂口 熊著『鈴と桔梗」 高木 史人
  • 岡部隆志著『アジア「歌垣」論 附・中国雲南省白族の歌掛け資料』 真下 厚
  • 岡部隆志著「アジア「歌垣」論 附・中国雲南省白族の歌掛け資料」 保坂 達雄
  • 藤井倫明著「瓜子姫の死と生原初から現代まで」  立石 展大
  • 橘弘文・手塚恵子編『文化を映す鏡を磨く―異人・妖怪・フィールドワーク』 佐々木 高弘
  • 原田信之著「隠徳のひじり 玄賓僧都の伝説」  今井 秀和

2018年3月(第41号) ※発行より3年以内のため目次のみ掲載

【第四一回大会講演】

  • ペルーアンデスで『ワロチリの神々と人びと』に出会うまで
    ─ラテンアメリカのさまざまな言葉 唐澤 秀子
  • 私が出会ったアメリカの語り 末吉 正子
  • アメリカ先住民の口頭伝承から「因幡の白兎」を再考する
    ─レヴィ=ストロースによる分析─ 川田 順造

【論文】

  • アイヌの動物変身譚における「第3 の変身」について 北原 次郎太
  • 北海道アイヌ口承文芸「人助け樹木神」について 安田 千夏
  • アイヌ英雄叙事詩におけるハヨクペの語られ方 遠藤 志保
  • 八戸城下の奥浄瑠璃 ─ 新史料紹介─ 阿部 幹男
  • 説経と谷ノ者 ─『せつきやうかるかや』、『中将姫御本地』から 内藤 久義
  • 千葉県鯛の浦におけるタイの食物禁忌 山口 くるみ
  • 疑似的な声の非人間的転回試論 ──ある「怖い話」の発生と流行にみる〈電承〉廣田 龍平

【研究ノート】

  • 現代的な昔話の語りの場にみる語り手の実践
    ── 青森県津軽地方のある語り手を事例として── 斎藤 みほ

【第七一回例会報告】

  • 「社会的・共=競演的でひろい悟り」へのアプローチ
    ─小学校教育史、国語科教育史との係わりから─ 高木 史人

【第41 回大会シンポジウム】「口承文芸デジタルアーカイブの課題と展望」

  • シンポジウムの目的と概要 熊野谷 葉子
  • 個人調査資料アーカイブ構築の方法と課題
    ─欧米・ロシアの口承文芸デジタルアーカイブを参考に─ 熊野谷 葉子
  • アイヌ民族博物館アイヌ語アーカイブについて 安田 益穂
    音声等を含む多様なデータベースの現状と課題 ─人文情報学の立場から─
    後藤 真
  • 世界口承文芸アーカイブの提案 樋 口 淳

【書評】

  • 河野眞著『ファウストとシンデレラ 民俗学からドイツ文学の再考に向けて』 斧原 孝守
  • 及川祥平著『偉人崇拝の民俗学』  伊藤 龍平
  • 野村敬子著『女性と昔話』  竹内 邦孔
  • 真鍋昌賢著『浪花節 流動する語り芸─演者と聴衆の近代』 細田 明宏

 

2017年3月(第40号) 

【第69 回研究例会〈怪異〉」の聞き方・書き取り方─〈口承〉研究の視点から】

【シンポジウム/ユーラシアと日本列島 世界の中のアイヌ叙事詩】

【海外研究動向の紹介】

【書評・新刊紹介】

2016年3月(第39号)

【シンポジウム「口承の記憶と継承」】

【特集 比較研究の地平】

【特集 比較研究の地平/シンポジウム「口承文芸モチーフの分布と伝播」】

【書評・新刊紹介】

2015年3月(第38号)

【特集 震災と口承文芸】

【シンポジウム/「震災と口承文芸」】

【追悼】

【書評】

2014年3月(第37号)

【例会記録/第六三回研究例会】

【例会記録/第六四回研究例会】

【シンポジウム/第三七回大会】

【国際口承文芸学会】

【書評】

2013年3月(第36号)

【シンポジウム/「口承文芸研究は都市伝説をどう扱うのか」】

【例会記録/第六二回研究例会 三・一一 一年後から】

【書評】

2012年3月(第35号)

【シンポジウム/口承文芸研究の再構成】

【シンポジウム/語りの実践と「つながり」の創出 —まちづくり・記憶・文化資源—】

【書評】

2011年3月(第34号)

【シンポジウム/うた・語りにおける人称 —だれが語り歌うのか】

【シンポジウム/「再話」論の射程】

【シンポジウム/「世間」という問いから】

【研究動向】

【書評】